スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 石けん >
  • 初石けん!(1.シアバターのスーパーファット石けん)

初石けん!(1.シアバターのスーパーファット石けん)

1シアバターのSF石けん
苛性ソーダは注文から1週間ちょっとで手に入ったのですが、
なかなか時間を調整できず、のびのびに。
やっと今週末に時間が取れそうだから石けん作ってみよう!
と思って、材料やら道具を準備していたら、なんだかそのまま作ってしまいたくなり、とうとう石けんを仕込んでしまいました

準備をしている時に、精製水が足りないことに気づいたのですが、そういえば、牛乳を入れている人がいたなぁ、と思い立ち、半分牛乳にしてみました。
思いっきり初心者なので、苛性ソーダに直に入れるのはやめておこうとおもい、(急激に温度が上がったりするらしいので)後から入れました。
でも後からっていつだろう?とあんまり調べもせずに20分攪拌した頃に入れたのですが、後から調べたら攪拌して5分くらいで入れる、と書いてあるのを発見。ちょっと遅かったようです

ここで一応作り方をご紹介。
(でもホントに作ろうと思う方は、本とか教室とかでお勉強してからをお勧めします。)

1.精製水を量る
2.苛性ソーダを量る
3.精製水に苛性ソーダを少しづつ入れ、混ぜ合わせる
(このとき熱が上がって蒸気が発生するため、換気をすること)
4.上記3を水の入ったボールに入れ冷ます
5.オイルを量る
6.オイルを極弱火にかけ、全部溶け40度くらいになったら火からおろす
7.苛性ソーダ水溶液の温度を量る。40度くらいになったらボールから取り出す
8.オイルに苛性ソーダ水溶液を加え、混ぜる
9.トレースが出たら型に入れる
10.型を毛布などでくるみ、24時間保温
11.型から出し、好きな大きさにカット
12.一ヶ月光の当たらない風通しのよい場所で乾燥させる

この、苛性ソーダ&オイルを混ぜるのに、最初の20分くらいは休みなく混ぜ、後は休み休みトレースが出るまで混ぜる、と本にあったのですが、この「休み休み」ってのがどのくらい休んで、どのくらい混ぜたらいいのかわからず、小心者の私は、5分くらい休んでちょっと混ぜてみる、ってのを繰り返したのでした

結局このくらいでいいのかなぁ、って思うまで(トレースが出るまで)、混ぜ始めてから1時間10分位かかりました。
苛性ソーダを量ったり、苛性ソーダと精製水を混ぜる時は、なんだか異様にドキドキしてしまいました(ここでも小心者発揮。だって苛性ソーダって劇薬って扱いなんだもん・・・)
でもそれ以外は思っていたより楽でした。透明なオイルが苛性ソーダを入れたらちょっと白っぽく濁って、牛乳を入れたら白くなったりしたので、そういう変化も面白いなぁ、と思いました。

ホントは初めての石けんだからシンプルにしようと思ってたのですが、
牛乳は入ってるし、シアバターも入れてしまった。
でも、使ってみるのがとっても楽しみ~~~
初めてなので余裕がなく写真を全く撮っていないのですが、
型から出したら、もしくは解禁したらアップします

レシピは肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32に載っているホホバオイルのスーパーファット石けんのレシピをベースに作りました。勝手にレシピを載せていいかわからないので、内容のみ書いておきます。

材料
オリーブオイル
ココナッツオイル
ラード 
苛性ソーダ
精製水+牛乳(半量づつ)

OP
グレープフルーツEO 小さじ1

SF
シアバター 小さじ1

所要時間
攪拌 20分
型入 1時間10分
保温 1日半
常温 すぐに型出し 

自分用メモ
へらの代わりの牛乳パックへらを作って用意しておく
シトラス系のEOは香りが飛びやすいので、他のEOとブレンドする。もしくは量を増やす。
牛乳パックは縦に使うより横に使おう(縦だと生地入れにくい・・・)
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

berry

Author:berry
2008年10月からゆっくりペースで石けん作りを楽しんでいます。気軽にコメント頂けると嬉しいです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。